歯の色のわかる写真前

歯が大きくなったためか下の前

歯の形は大切自分

こうした「喜びをシェア(共有)したい」という気持ちが、「口コミ」における最大のモチベーションです。
つまり、口コミを広げるには、患者さんに喜びを感じてもらう前に、まず、スタッフに職務の誇リと喜びを感じてもらうようにすれば良いのです。そうすれば、その結果として、喜びを感じる患者さんを増やすことができ、また、圧倒的に質の高い口コミを拡散することができるのです。
41スタッフ同士の挨拶がきちんとされている。
「挨拶」はすべてのコミュニケーションにおける基本であり、伝達など、ありとあらゆるものが凝縮されています。
歯かインプラントになりますよという入れ

歯医者さんがだって体

そこには人間関係づくりや気持ちの「報告」「連絡」「相談」「心遣い」「仲間意識」「社会貢献」「感謝」、これらが凝縮して。「おはようざいます」「こんにちは」「さようなら」「お大事に」「ありがとう」の言葉になります。
「おはようごきちんとした挨拶がスタッフ間でできていない歯科医院は、慮が非常に欠けているケースが多いです。
当然、患者さんに対する心遣いや配
「すべては挨拶からです。挨拶がきちんとなされていないと、せっかくの素晴らしい施術を提供できても、それを患者さんに体感として認識してもらえる確率を下げてしまいます。

 

歯科医師が自ら執筆した本を出している歯科医院

歯ブラシが届きにくいため歯が生まれてきたとき挨拶には「コミュニケーションと愛のすべてが凝縮している」と認識してください。
スタッフの「やる気」を引き出している。
「スタッフのやる気を引き出すにはどうしたら良いのか?
実は簡単です。その人の「存在意義」を満たしてあげれば良いのです。
要としていますよ」とわかってもらうということです。
つまり、「私はあなたを、必ずこうありたいという歯科医院像を共通に認識してもらう。」
歯科医院をつくるための絶対の法則です

歯科医院を見ることはできます個々のスタッフが得意で、かつそれをする時喜んでする事柄を見つける「こうありたい」という歯科医院像に近づくように、リーダー医院長がそれぞれの得意分野を組み合わせて配置する(4)結果が出た時、スタッフ全員にわかるように讃えて、(5)医院の収益が増えたら、賞与などで還元する。
みんなで感謝する。
人は、周囲の人々から讃えられ、感謝されると自分の存在意義が確認されてとても幸せな気持ちになり、もっとそれを得たくなります。
それが「モチベーションアップ」につながりますこれに加えて「存在必要度数」としての給与の金額が上がれば、実際にその人の存在意義が数値化され、かつ生活を物資面において豊かにしますから、ますますモチベーションが上がるという現象が起きます。
間違いを指摘して教育することも重要です。
とは、さらに重要ですしかし、得意なところを見つけて伸ばしてあげるこ43医院長が「スタッフの良いところ」を見つけるのが上手い。

歯の進行がとても早い


「やってみせ、言ってきかせて、させてみて、ほめてやらねば、人は動かじ」元連合艦隊司令長官、山本五十六の有名な言葉です成功している歯科医院の医院長は、スタッフの良いところを見つけるのが上手く、ほめるのも上手い。それに対して患者さんの少なくなっている歯科医院の医院長は、スタッフのダメな点を見っけ、それに注意や叱責をするウェイトが高く、モチベーションを下げて離職率を上げてしまっています。
育てることと叱責することはイコールではありません。
いかに育てて成長させるのかが重要ですリーダーは、感情に支配されてはいけません。
伸ばしてあげるかだけが重要ですスタッフそれぞれの「良い所をいかに見いだして、「コントロールのきかないスタッフ」は躊躇なく切る。
歯科医院をつくるための絶対の法則です

歯になるリスクがかなり低く

歯科医師会に聞いてみてもよいでしょう成功している歯科医院の医院長は、仕事ができても言うことを聞かない(コントロールのきかなッフは躊躇なく切ります重要なのは、歯科医院に来られる多くの患者さんが、てもらえるか?」です。
「どうしたら歯科医院を通じて幸福を感じそのために、医院長の唯一無二の役割は、「歯科医院というオーケストラの楽団の指揮者として最高のハーモニー歯科施術を、同じ楽譜歯科医院の理念で、観客患者さんに提供すること」です。
そのためには、どんなにフルートの演奏技術(患者さん対応や自費誘導、またはスケーリングなどの個人技)が良くても、それがオーケストラ全体の最高の演奏に必要なければ、躊躇なく辞めてもらうようにするのが指揮者たる医院長の役割です。
変化を恐れてはいけません!自分のための歯科医院だと思うと、変化に対して恐怖心を抱きます。「地域を含めた患者さんをどうしてあげるのが最優先か」を考えれば、恐怖心にふりまわされず、常に最善の方法を選択できるはずです。
45スタッフに「個性的役者」がそろっている。
歯科医院という場所は、社会的には医療機関であり、働いている人々にとっては職場です。
で働く人々は、一人ひとりそれぞれの役割を担って社会に接していますそこ歯科医院を「舞台」に例えれば、そこで働いている人は「役者さんキャスト」なのです。