歯ブラシは簡単には届きません

歯磨き粉に全面的に頼るのではなくて

歯がすり減るとライオン
·小学生からでも歯列の幅は広がるのです永久歯の前歯が上下で8本生えてきてからでもあごは大きくなる可能性がある!と、先ほど私は言いましたが、ムリだと思う人も多いかもしれません。でも最新の研究で、歯列の幅は訓練次第で広がることが証明されたのです。
日本大学松戸歯学部の葛西一貴教授は、あごの使い方によっては、小学校低学年からでも歯列が広がるとおっしゃっています。
「物をかむとき、口を上下に動かしてかむチョッパータイプよりも、牛のようにあごを横にも動かして、すりつぶすようにかむグラインディングタイプのほうが、下あごの歯列幅の成長は大きいことがわかりました。

後のすべての行動のもとになっているのそれは、どんな組織の中においても同じです。
スタッフ(社員)は、組織の長から、または組織全体から「好意を持たれ、愛され、必要とされ認められる」ことにより、初めて自発的に進んで仕事に取り組むようになるのです。
なのは「人は、進化·成長する」ということです。
この時、重要人は一度「好意を持たれ、愛され、必要とされ、認められる」と、「もっと好意を持たれ、愛され、必要とされ、認められたい」と感じ、今以上に努力し、自らを成長させ、「さらに多くの人から好意を持たれ、深く愛され、必要とされ、深く認められる」状態に到達しようとするのです「叱咤」と「金銭」だけでは、人は今以上に努力し、自らを成長させようとはしないのです。

歯を使うのです野生の中では餌を競争して捕りますね

「怒りと叱咤」で人を動かそうとすると、相手はさらに「怒りと叱咤」から逃れようと、自らの行動と発言を制限し、萎縮させます。
「金銭」で人を動かそうとすると、相手は、できるだけ動かない、考えない、自己を成長させないで、同額の金銭を得ようとしてしまいます「愛情と信頼」の中では、人はより進んで仕事をし、より愛され、評価され、それによってさらに愛され、評価されるという「プラスのスパイラル」になっていきます。

歯を抜きたくない


ほんのちょっとした歯の形の修正で歯肉とその下にある歯に対する意識が高くなりますしかし、「叱咤と金銭のみの中では、より意欲が制限され、それによってより状況が悪化するというマイナスのスパイラル」に突入していくのです。
愛情と信頼の中で、ます。
初めて、人は進んで仕事をする。
そしてそれは「無限の可能性を秘めていスタッフを「成長」させている。
マネジメントで一番重要なことは、「人を伸ばし、を持たせ、「喜び」と共に自ら自発的に、「生きがいへ邁進してもらうことです成長させる」ことです。スタッフに「自信」を感じながら「達成感」を得つつ正しい方向叱るのは「行為」に対してで、ほめるは「人そのものに対してです。
そのためには、
(1)その人そのものを否定してはいけません。
(2)怒りで萎縮させてはいけません。
(3)行動を制限させてはいけません。
(4)自信を喪失させてはいけません。
(5)苦しみを与えてはいけません。
(6)間違った方向へ向かうのを見落としたり、
(7)生きがいを失わせてはいけません。
(8)達成感を得させなければいけません。
放置してはいけません。

歯間ブラシやデンタルフロスの使い分けをするといいです

·小学生からでも歯列の幅は広がるのです永久歯の前歯が上下で8本生えてきてからでもあごは大きくなる可能性がある!と、先ほど私は言いましたが、ムリだと思う人も多いかもしれません。でも最新の研究で、歯列の幅は訓練次第で広がることが証明されたのです。
日本大学松戸歯学部の葛西一貴教授は、あごの使い方によっては、小学校低学年からでも歯列が広がるとおっしゃっています。
「物をかむとき、口を上下に動かしてかむチョッパータイプよりも、牛のようにあごを横にも動かして、すりつぶすようにかむグラインディングタイプのほうが、下あごの歯列幅の成長は大きいことがわかりました。

歯にへばり付かないうち


孤立年後の自分が想像できます
さらに、永久歯の奥歯が生え替わる時期に、奥歯をすりつぶすように動かして食べる訓練を行えば、内側に傾斜していた6才臼歯の歯の軸が頬側に直立し、歯列の幅を広げることが可能なのです」葛西教授だいきゅうし次の図を見てください図は現代の日本人の第二大臼歯2才臼歯の傾きの角度です図。
の縄文時代人の歯の傾きに比べて、内側(舌側)に傾斜していることがわかります。内側に傾くことで歯列の範囲は狭くなり、歯の生えるスペースも少なくなります。
「自信」と「喜び」と「生きがい」と「達成感」がなければ、最大限のモチベーション自発性を得られず、その結果、最大限の成長、その人の最大限のパワーを組織として得ることができないのです。

噛み合わせとあごパランスのメカニズム

リーダー医院長のなすべきことは、決して人を「労務提供者として管理指導」することではありません。スタッフに対して「いかに人生に自信を持たせ、正しい方向へ、喜びと共に、自発的に、生きがいを感じながら達成感を得つつ、職務を通じて人生を邁進してもらうように配置し、導くかが重要なのです54「誘導」によって「変化」を促している。
歯科医院を先代から継承して成功させる秘訣は、ということです。
周囲に「変化を強要せず、誘導で変化させる」当然、ハード面における「外装、内装のリフォーム「設備の入れ替え」「ホームページの刷新」等を、緻密な戦略に基づいて行わなければなりませんが、問題はソフト面です。


歯に対する意識が高くなります 組み立てをうまく設計出来るはずなのです 歯科医院に行ってしまうのです