歯科クリニックのほかに歯にはめた方がいいのです

歯科医を訪ねてもやはり

過去の延長線上に現在、未来を想定しても新しい未来は構築できません。
在るべき未来、望むべき未来をまずイメージの中でつくり上げ、強く意識し、そこに到達すべき道筋に今現在を沿わせれば、望むべき未来を手繰り寄せることができるのです。
「今の常識」から歯科医院の将来を組み立ててはいけません。「成功している未来の常識」から今を組み立てることが重要なのです。今の常識は常に過去の常識の集大成です。つまり、過去の領域から脱出できません。未来は常に過去の領域より外側にあるのです。



歯ブラシは簡単には届きません
ですから、未来の常識から今を組み立てることが重要なのです。
クレジットカードが出現した時、「やっぱり現金が一番だと言い、クレジットカードの危険性を唱える人がたくさんいました。ホームページを活用した集客が流行り始めた時も、「ホームペジから来る客は質が悪い」と言われました。つまり、今までにない新しい業態、商品は「必ず、ま
ず否定される」のです。新しい業態、商品は過去の常識にないため、人々の頭の中に、とりあえずそれらを否定しようとする論理が働くのです。過去の常識から見ると、今までにない新しい業態、商品は必ず否定されます。必ずです。多くの人は、未来の常識が理解できないからです。理解できないとそれに対し、ネガティブな予想を示唆し「恐怖心をあおり、否定し、理解できない自分を肯定しようとする心理メカニズムが働くのです。
新しいことをしようとする時、過去の常識からの論理に耳を貸してはいけません人間という生き物は常に防御本能が働くため、恐怖心が危険探知機として過剰に働くようにできているのです。恐怖をあおるような過去の常識からの意見に耳を貸すことで、多くの人々を幸福にする歯科医院の構築を邪魔させてはいけません成功する歯科医療未来の常識から今を組み立て、後は行動する。
なことを考えている暇がなくなります。
一心不乱に前向きに行動していると、ネガティブ67「自分と歯科医院が大きく変化している」と感じている。
まず、目を閉じてご自身と、ご自身の歯科医院の過去1年、過去3年、過去5年、過去10年、過去20年を顧みてください。

  • 歯でも削って土台にしなければならない
  • 歯にクラックと呼ばれるヒビが入ります
  • ほてっこれまで補綴や入れ歯を作って

つい意識してしまうかもしれませんが歯ブラシ

歯並びをよくするためご自身とご自身の歯科医院が大きく変化しているでしょうか?
もし、ご自身とご自身の歯科医院が大きく変化していれば、成功している歯科医院になっている可能性が高いです。もし、ほとんど変化していなければ、成功している歯科医院になっている可能性がとても低いです。
なぜか?
社会世の中は、川の流れと同じように日々刻々と変化しています。経済状態も政治状態も今日とまったく同じ状態であることは二度とないのです。常に変化し、動いています。
歯科医を知りました歯科医を訪ねて治療を受けて

それが普通抜歯か難抜当然、市場も変化していて、人々の状況と要求と価値観も同じ所にとどまっていることは絶対にないのです。
ですから、ビジネスも歯科医業も社会と市場に沿って変化しないと凋落していくのです。
偉大な創業者の後を引き継いて失敗する後継者は、偉大な創業者のやり方に固執するあまり時代の流れに沿えなくなり、業績が悪化していくケースがとても多いのはそのせいです。
偉大な創業者が最もすごいのは、その時代の要求、価値観を感じとって、それをビジネスに取り込んでいく、という力が圧倒的にすごいのです。つまり、ビジネスにおいて最も重要なのは「時代の要求、価値観を感じとる」ということなのです。過去の時代の要求、価値観に合致していたとしても、それは一時のことなのです。
勝ち続けるには「常に時代の要求、絶対的に必要なのです。

歯の原因菌だけでなく

価値観を感じとり続けてビジネスを変化させ続けることがですから、過去を顧みて、ご自身とご自身の歯科医院が大きく変化していれば、それは成功している歯科医院になっている可能性が高く、ご自身とご自身の歯科医院がほとんど変化していなければ、それは成功している歯科医院になっている可能性がとても低いと言えるのです。
歯科クリニックのほかに歯にはめた方がいいのです

患者さん自身が歯科医を見極め

歯周病と総称して呼びます物事を「多角的」にとらえることができている。
これは、ある理容師さんから聞いたお話です。
「私は、ずいぶん小さいころから、いろいろなことをおばあちゃんから教えられました。たとえば洋服を買いに行くと、マネキンの前でしばらく観察しながら、私たち姉妹に洋服の解説をさんざんした後、買ってきた洋服がどういう風につくられているか、どんな素材か、一回ほどいてバラバラにしてみせてから縫い直したりしていました。食品を買うときも、リンゴがあると、『外から見ると赤いけど、中はどうか』とか、『下から見たらどうか』『味はどうか』などなど、いろいろ教えられました。いつもそんな感じなので、お買いものにとても時間がかかりましたなるほど、というお話です。
物事を正面からだけでなく、いろいろな方向から見る。
多角的に物事を考える。
単なる「情報」に流されるのではなく、その物事の「本質」をきちんと考える。
これはモノだけでなく、人に対しても大切なことです。
歯科医院経営も同じです。経営の現状を、スタッフを、患者さんを様々な側面から多角的にとらえ、表層的な視点でなく本質をしっかりと見る。これができる人とできない人の間には、大きな差が生まれてしまうのです。
69「他の歯科医院に勝つこと」を追いかけていない。
真に勝つ歯科医院は、「他の歯科医院に勝つための戦略」を駆使する、ということをしていません成功している歯科医院は、「患者さんのために提供している自身の歯科医院の在り方と施術が人々に受け容れられ、多くの賛同を得たために来院患者数が増え、収益が増え、圧倒的に勝つことができた」のです他に勝つことは本当の目的ではないのです。